Webとは

Webとは、インターネット上で標準的に用いられている、文章の公開・閲覧システムのことです。

形式張って書くとわかりにくいですが、普段、私たちがWebを利用しているシーンを振り返ってみると何となくWebとは何なのかが見えてきます。

例えば、Yahooのトップページを閲覧する際、まず、Internet ExplorerなどのWebブラウザを起動します。
次に、Webブラウザのアドレスバーに「http://www.yahoo.co.jp」のようなURLと呼ばれる情報を入力し、Enterキーを押せば、YahooのトップページがWebブラウザ上に表示されます。

Webブラウザ上に表示された情報(Webページ)はWebサーバーと呼ばれる場所に保管されています。

URLを入力し、Enterキーを押したら、WebブラウザからWebサーバーにWebページ情報を要求し、Webサーバーはその要求に対して、返信することで、WebブラウザにWebページが表示されます。(Webページで表現される情報を「情報の内容物」という意味でWebコンテンツとも言います。)

Webページは一般的にHTMLと呼ばれる書式で記述されており、その情報をHTTPというプロトコル(約束事)に従いダウンロード、表示することになります。

HTTP概要図

WebブラウザがWebサーバーに要求する情報をHTTPリクエストと言い、Webサーバーがそれに応答する情報をHTTPレスポンスと言います。

Webコンテンツには文章の他に、画像や音楽、映像といった情報も含めることができるため、情報の提供者は、アイデア次第で様々な表現が可能です。
そして私たち、利用者はWebブラウザを介して、そのようなコンテンツを楽しむことができます。

そのための仕組みを実現しているものこそがWebです。

つまり、Webとは、
「HTMLと呼ばれる書式で記述されたWebページを、URLと呼ばれる情報を指定する事でその情報を取得し、閲覧する。」
その一連の仕組みを実現するためのシステムのことを表しているのです。